スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無知なMVA職員、長いプロセス、そして見た裏側事情

そりゃぁ長ーいプロセス期間だったぜ。保険に入り、次はナンバープレートに相当するDecalというものをもらわなければ。MVA(モータービークルアドミニストレーション)普通こんなもんはMVAでもらうものだが、原付のプロセスは民間に委託しているらしく、自分で調べてやってくだいって得意の行政門前払いを受けてしまった。あーそーですか、さよならって感じでMVAを去っていった。アメリカのドライな態度、もうなれました。
 一見目のTAG and Tittleのオフィスに行ったけど、あなたのタイトルに問題がありプロセス出来ないといってきた。俺のタイトルが、原付ではなくてモーターサイクルで登録されてるのだ。 しょうがない、別のところにいってみたが、答えは二つ、新しい法律なのでまだ準備できてないか、Titleに問題がありプロセス出来ないといゆうことだ。結局、俺のゲンちゃんのタイトルはモーターサイクルで登録されてるらしい、イコールバイク免許必要バイクといゆうわけだ。ゲンちゃん買うときにバイク屋に十分な確認をして買ったので間違いないはず。バイク屋に抗議の電話、結局メールで説明してくれって、おまえら無視するでしょ! なので自力で問題解決。
MVAの受付のおばさんもお前のはモーターサイクルだといってきた。そしたら原付ってどういう規定があるのか聞いたら、”バイク屋にどう言われたか知らないけど、49CC以上はモーターサイクルの免許が必要なの、今日とれば”って言われた。その言葉信じられなかったので、反対側の免許受付デスクに言って聞いてみたら、お前のはバイク免許いらない、大丈夫だといわれた。やっぱそうだよ。その人に聞く前に隣の受付の人に聞いたらわからないって言われた。俺は一言言いたい、てめーら法律勉強しろ!想像で話すんじゃねー!
 また最初の受付のおばさんに、”隣の受付の人が俺のバイクはバイク免許いらないんだっといってたんですけど!”っていったら困った様子で、すぐにマネージャーに行くように言われた。
 問題はまだ終わらなかった。 俺のホンダメトロポリタンの車種のデータがなくて、49ccかどうかもわからないそうだ。MVAのマネージャーが、わざわざホンダのウエブサイトに行きそこで確認し、コピペでMVAのコンピューターに情報入力。
疑問に思ったんだけど、俺のホンダメトロポリタンって、結構ポピュラーな原付で結構町走ってるんだけど、もしかして、ほかのメトロポリタン乗りの人も、MVAの無知な職員の言葉にだまされてモーターサイクル免許とったんだろうか?。
 そういえばナンバープレートみたいなのがついてる原付も何度か見たな今月。
で、俺のバイクのカテゴリーも、原付じゃない?”オン レクリエーショナル ヴィークル”ってカテゴリー、何じゃそりやって感じ。だからORVって表示してるんだな。まあいいっか、車道乗れればいいんだから。
 そしてDecalの入手は民間委託会社いかなくてもMVAのサイトで出来るので、家に帰ってやることにしたが、”あなたのバイクは対象外”って感じの表示、プロセス不能なのだ。 なんだよ! 電話でメインオフィスに電話したら、タイトルの修正プロセスに48時間かかるらしい。そしてその電話のやり取りで、MVAでDecalの発行が出来るのになぜもらえなかったのかって電話の職員が疑問に思い俺に聞いてきた。 そういえばMVAでマネージャーと職員の会話で、今在庫が70枚しかないから発行したくないっていってたな。 なんだよ!MVAもお得意様びいきかよ!そういやぁ、俺も日本の会社で働いてた時同じようなことやってたから、その気持ちわからんわけでもねー。
48時間後、やっとプロセスできました。$5で。民間委託会社では$20、まあビジネスは利益ないと成りたたんから文句ねーです。 後は待つだけ。
そしてやっと届きました。
乗れる。
3週間保険無駄払い。
寒い季節待ってる。
CIMG1397.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【無知なMVA職員、長】

そりゃぁ長ーいプロセス期間だったぜ。保険に入り、次はナンバープレートに相当するDecalというものをもら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。