スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマートTV買って、日本経済復興に貢献しています

CIMG1045.jpg
あ、やっぱテレビ買おう。コンピューターは心臓くらい大切だが、テレビはほとんど見ない。アメリカの番組はすぐ飽きる、結局おもしろくねーのだ。日本のくだらないバラエティーのほうがまだましだぜ!個人的意見ですので。アナログ一筋だが、2006年のクリスマスに、コンピューター探しに、BESTBUYという大きな電気屋に行った時、うっわぁ~!なんて鮮明で綺麗なんだ!と思わせるアニメの画像が、薄型テレビから映し出されていた。あれは衝撃的だった。それ以来いつかは薄型買うぜ!と決めつつも、最高の画像のテレビは値段が高い。1080のフルHDのテレビが俺のターゲット、メーカーはSONY.なぜSONYかって?DVDマシンがSONYなので、リモコンが共有出来るっていゆう、単純な理由。まあ$500くらいになったら買おうと決めていた。最近は、薄型テレビも競争が激しくなって、ついにSONYさんの1080フルHDも$500以下で買える時代になってきた。一応32型サイズの基準ですが。
最近、スマートTVが市場に出た来た。インターネットも出来るやつ。お!いいんじゃねーっと思っていて、昨日急に購入決定して買ってきた。まあ事情があって、2軒目で買った。馬鹿店員がオープンアイテムを売りつけてきたから、、、。まあ機会があったら話します。
でも、スマートTVだぜ!結構すごいぜ!3Dテレビ並みだぜ!と、アメリカ市民はこう思い、この手のテレビ買っていると思うのだが、日本の市場では、たいした機能がついてない、そこそこのテレビです。まあ、子供には最強の衝撃を与えたぜ!!!おとうちゃんが尊敬される日だったぜ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。