スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原ちゃん オイルチェンジ

お久しぶりのブログ。 原ちゃんのメンテ記録の為にまだアカウントのこしてます。
で、今日はオイルチェンジの記録します。
今日の主役、原ちゃん
2013 and 2014 213
高級オイル使います。
2013 and 2014 214
がんばってくれたオイル達。ありがとう!
2013 and 2014 215
これからのエンジンの良きパートナー。
2013 and 2014 216
一応記録用ブログなので、距離数も載せてく。
2013 and 2014 217
ビフォワーアフターのプラグ、もちろんNGK.
2013 and 2014 218
なぜか画像が大きすぎ、見にくいブログになってしまったが、写真大きく見れるので、そこん所がいいと思う。


スポンサーサイト

あけましておめでとうございます




ぼったくりやろ!

MVAからステッカーが送られてきたのはいいのだが、あれ?ゲンちゃんのナンバープレートの場所にそのステッカーを貼る場所がない。アマゾン、アマゾン、なんでも買えるAMAZON.COM!が、そこでもフレームはあるがプレートらしき物が見つからない。
数日後、仕事の依頼主の近くにあり、家の近くでいつも仕方なく行くバイク屋に行ってみた。以前パンク修理の時にひどい目にあった。白人一色面白くないディーラーだわ。でもゲンちゃんを買ったディーラーは何ヶ月前にもっと遠くに引越しして車でないといけない場所に、残念。でもこのディーラーはほとんどが黒人で、漫才が即興で出来るような会話が出来たり、価格交渉も友達会話レベルでやれる楽しいディーラーだ。バイク買うなら Free State Cycleディーラー勧めまーす!
 仕方ない方のディーラーで見つけた唯一のプレート、これしかなかったので買うはめになってしまった。パッケジにはダブルでMade in usaを大きくアピールしてるではないか。ポリッシュしてるってことはピッカピカかぁ~、まあこれしかないので文句は黙殺。お!なんじゃぁーこりゃぁ~!$19.99の値札の下に$16.99の値札が透けて見えるではないか!今回の新しい法律で、このプレートの需要が増えたので価格操作したな!せこいディーラーだ。
CIMG1398.jpg
ま、とりあえずパッケージあけてポリッシュしたプレートでも拝見しましょうーかね。
写真では見えないが、新品未開封品なのにヘアースクラッチがいっぱい、どこをポリッシュしてんねん!さすがMade in usa! やっぱ質が違うね!悪質度で大国中国と張り合うなよって言いたいわ。
CIMG1401.jpg
ぼったくり劇はまだ続くのだ。
プレートをバイクにつけるためのボルトとナット。
プレートについてなかったので、とりあえずもらう事にした。
ちゃっかりチャージされた。ま、商売やから仕方ないと思ったんだが、なんと2個で$4だぜ!$4!ホームセンターでも$1で釣りがもらえるわ。これぞ”Theぼったくり”!
CIMG1399.jpg
 
で、ぺタ。こえぞ苦労の証だぜ!
CIMG1402.jpg

無知なMVA職員、長いプロセス、そして見た裏側事情

そりゃぁ長ーいプロセス期間だったぜ。保険に入り、次はナンバープレートに相当するDecalというものをもらわなければ。MVA(モータービークルアドミニストレーション)普通こんなもんはMVAでもらうものだが、原付のプロセスは民間に委託しているらしく、自分で調べてやってくだいって得意の行政門前払いを受けてしまった。あーそーですか、さよならって感じでMVAを去っていった。アメリカのドライな態度、もうなれました。
 一見目のTAG and Tittleのオフィスに行ったけど、あなたのタイトルに問題がありプロセス出来ないといってきた。俺のタイトルが、原付ではなくてモーターサイクルで登録されてるのだ。 しょうがない、別のところにいってみたが、答えは二つ、新しい法律なのでまだ準備できてないか、Titleに問題がありプロセス出来ないといゆうことだ。結局、俺のゲンちゃんのタイトルはモーターサイクルで登録されてるらしい、イコールバイク免許必要バイクといゆうわけだ。ゲンちゃん買うときにバイク屋に十分な確認をして買ったので間違いないはず。バイク屋に抗議の電話、結局メールで説明してくれって、おまえら無視するでしょ! なので自力で問題解決。
MVAの受付のおばさんもお前のはモーターサイクルだといってきた。そしたら原付ってどういう規定があるのか聞いたら、”バイク屋にどう言われたか知らないけど、49CC以上はモーターサイクルの免許が必要なの、今日とれば”って言われた。その言葉信じられなかったので、反対側の免許受付デスクに言って聞いてみたら、お前のはバイク免許いらない、大丈夫だといわれた。やっぱそうだよ。その人に聞く前に隣の受付の人に聞いたらわからないって言われた。俺は一言言いたい、てめーら法律勉強しろ!想像で話すんじゃねー!
 また最初の受付のおばさんに、”隣の受付の人が俺のバイクはバイク免許いらないんだっといってたんですけど!”っていったら困った様子で、すぐにマネージャーに行くように言われた。
 問題はまだ終わらなかった。 俺のホンダメトロポリタンの車種のデータがなくて、49ccかどうかもわからないそうだ。MVAのマネージャーが、わざわざホンダのウエブサイトに行きそこで確認し、コピペでMVAのコンピューターに情報入力。
疑問に思ったんだけど、俺のホンダメトロポリタンって、結構ポピュラーな原付で結構町走ってるんだけど、もしかして、ほかのメトロポリタン乗りの人も、MVAの無知な職員の言葉にだまされてモーターサイクル免許とったんだろうか?。
 そういえばナンバープレートみたいなのがついてる原付も何度か見たな今月。
で、俺のバイクのカテゴリーも、原付じゃない?”オン レクリエーショナル ヴィークル”ってカテゴリー、何じゃそりやって感じ。だからORVって表示してるんだな。まあいいっか、車道乗れればいいんだから。
 そしてDecalの入手は民間委託会社いかなくてもMVAのサイトで出来るので、家に帰ってやることにしたが、”あなたのバイクは対象外”って感じの表示、プロセス不能なのだ。 なんだよ! 電話でメインオフィスに電話したら、タイトルの修正プロセスに48時間かかるらしい。そしてその電話のやり取りで、MVAでDecalの発行が出来るのになぜもらえなかったのかって電話の職員が疑問に思い俺に聞いてきた。 そういえばMVAでマネージャーと職員の会話で、今在庫が70枚しかないから発行したくないっていってたな。 なんだよ!MVAもお得意様びいきかよ!そういやぁ、俺も日本の会社で働いてた時同じようなことやってたから、その気持ちわからんわけでもねー。
48時間後、やっとプロセスできました。$5で。民間委託会社では$20、まあビジネスは利益ないと成りたたんから文句ねーです。 後は待つだけ。
そしてやっと届きました。
乗れる。
3週間保険無駄払い。
寒い季節待ってる。
CIMG1397.jpg

なんでやねん!

時間があれば、子供達をスクールバス停まで原ちゃんで迎えに行く。自営業者の特権だぜ!スクールバス停の前の家には、自称コミュニティーリーダー格なおっさんがいる。普段はじっと見て俺を観察するだけだが、お!今日は俺に近ずいてきてる、ではないか、何だ何だぁ~!そしたらおっさんが話し出した。え!陰険に見えるおっさんだが、話すと気弱な雰囲気。でもここまでくるのに17年の歳月が流れたのだよ。で、これが一ヶ月前の10月1日の出来事。
 おっさんが言うには、モペット(アメリカでは原付のことをモペットと呼んでいる)の法律が今日から変わって、登録、保険、ヘルメット、メガネのような目を守るもの着用などの法律が今日から施行されたらしく、近くの道で、モペット乗りがたくさんポリスに止められてたって俺に言ってきた。 そんなもん信じるか!いやみなおっさんだから、俺が原付乗ってるのが気に食わんのだろうと思ったけど、まあ一応ネットでチェックしたら、、、、、。え!えー!ホンマや!
CIMG1396.jpg

俺のバイク、ちゃんとモータービークルアドミニストレーションに登録されとんやから通知ぐらいせーや!っていいたいわ!
 今まではレジストレーションも保険もプレートもなし、自転車みたいな扱いやったのに、10分の9損した感じやわ!
売るのもなんやし、しかたないわ。
保険一年$75の見積もりもらった、安い!
が、もっと面倒くさい問題が出てくるんだわ,この後に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。